2005年06月22日

▲離婚まで(藤本ひとみ)

2004年11月16日購入。集英社文庫。

小・中学生時代に藤本ひとみのコバルト文庫の作品を読みまくっていた。
多分全作品持ってた。そして八割は今も捨てられずにとってある(恥
コバルト時代の彼女は多作で、次から次へと新しいシリーズを生み出しては出版していた。
そして、そのほとんどを完結させることなくコバルトから消え、一般書の世界へと旅立っていった…。
こんないい加減な人の作品に小遣いのほとんどをつぎ込んでいたのかと思うと、なんか泣ける。

そして久々に買ってみたひとみちゃんの一般書。
これは彼女の自伝的小説。当人は離婚はなさってないようですが。
地方公務員として働く傍ら、夫と二人の娘の世話に追われる主婦・可奈子の日常の物語。
これも40ページくらいで挫折。
仕事と家事に追われ、いくつもの不満を抱える可奈子の一人称で進められるため、その鬱屈とした雰囲気に耐えられませんでした。
もう少し読み進めれば何か光が見えてくるんだろうとは思うんだが、無理だったよ…(つД`)
気分が明るい時に読まないと駄目ですね、これは。

そもそもこれを買ったのは、彼女のコバルト時代の「うわさ」という作品にテイストが似ていると聞いたから。
「うわさ」はいつものコバルトとは全く違う作風で、面白かったんだよなあ。
「うわさ」も暗い話だったけど、あれは短編だからさっと最後までいけたのかな。

っていうかコバルトの続き書けよ!ヽ(`Д´)ノ

posted by 瀬田 at 15:56| 福島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | は行の作者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4533024

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。