2006年06月07日

●コイノカオリ(角田光代ほか)

タイトルのとおり、恋にまつわる「香り」をモチーフにしたオムニバス短編集。
島本理生読みたさに図書館で借りてきた一冊でしたが、他の作家の作品も面白く、得した感じの一冊でした。
島本理生以外は初めて読んだんだけど、こうして知らない作家に触れることも出来るオムニバス形式っていいかも。

角田光代「水曜日の恋人」
そういえば角田光代の作品って読んだことなかったんだよね。
主人公は中学生の真帆。
真帆のママと、ママの恋人のちょっと冴えないイワナさん。
真帆の視点で語られる二人の恋愛、そしてイワナさん。
イワナさん自身にはあんまり魅力はないのに、悪くないと思えるのは何故かしら。
なんとも言えない雰囲気の良さが気に入りました。
ラストの大人になった真帆と恋人の描写も秀逸。

島本理生「最後の教室」
定時制高校に通う「僕」はクラスメイトの梨本さんに恋をする。
少しずつ梨本さんとの距離が近づいていく様子を、ちょっとドキドキしながら読み進めていたのに(笑)、終盤ものすごいすかしを食らうのです。いい意味で。
あっという間に話の印象まで変わってしまうのだから、すごいわー。
女は怖いなー、と思う話。
島本理生の小説に出てくる登場人物はどこかリアリティがないというか、思わず「ねーよwwww」と突っ込みたくなってしまうことが多々あるのだが、でも好きなんだよね。
しかしこの話の梨本さんみたいな女性、いそう。
冷たいラストもいいよ。

栗田有起「泣きっつらにハニー」
思わず作中のマッサージルームに行きたくなってしまった。
ハチミツの香りも嗅ぎたくなってしまう。
片思いの話もいいもんだ。

生田紗代「海のなかには夜」
綺麗なタイトルです。
作中の女子大生が揃いも揃って地味そうなのに違和感。
なんか会話も地味だしなあ。
登場人物の名前も昭和っぽいのが多いのも意図的なんでしょうか(爆)
好きなのに、いたたまれないって、少しリアル。

宮下奈都「日をつなぐ」
もっとも印象に残ったお話。
初恋の人と結婚したのに、子育てに忙殺されて次第にすれ違いが生じる日々。
これではいけないと、バイオリンを始めようと決意して楽器店に下見に行くんだけど、店員は主人公ではなく赤ん坊がバイオリンを習うもんだと勘違い。
いたたまれなくなって店を出た主人公のモノローグ。
「主役はもう私じゃない」
「私はすでに対象外なのだ」
…なんか結婚とか出産とかしたくなくなる話だよなあ(笑)
もう一つ転換のモチーフとして登場する豆のスープ。
豆は嫌いな私だが、なぜか美味しそうに思えてしまう。
主人公は福井で生まれ育ち、結婚後秋田へ移り住むのですが、なんかこう、日本海側でしか暮らしたことない女の湿潤さが良く出ていていいですね(偏見)
少し希望が持てるラストにほっとしつつも、「これからこの夫婦、どうなっちゃうの?」という不安も残される。
これは読者の判断にゆだねられているんでしょうけど、私は希望を取りたいです…。

井上荒野「犬と椎茸」
好きだった人と結婚できなかったことって、引きずるものなんでしょうか。
自分からは動かないくせにぐだぐだ言い訳ばかりの主人公に不快感が…。
しかし登場人物の誰にも魅力を感じないのに、ぐいぐい引きこまれてしまったのは、やはりストーリー展開の面白さでしょう。
作者の井上さんの他の作品も読んでみたいなあ。


なんか私の感想ではちっとも伝わりませんが、面白かったです。
軽〜く読めるし、恋愛小説が好きじゃない方でも楽しめるかと思う。
「香り」がモチーフになっているけど、それぞれの話に出てくる香りもしつこくない描写。
穏やかに楽しむことができる一冊でした。

posted by 瀬田 at 00:52| 福島 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | か行の作者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月29日

●斜陽(太宰治)

去年の桜桃記に合わせて久々に読み返したりしていました。
毎日、昼休みに少しずつ読んでいたのだけど、これって昼休みとはいえ勤務中に読む本ではなかったなあと改めて思った。
やる気を削がれるにも程があります(笑)
でも、たまに読み返したくなるんだよね。
私はとにかくお母さまが大好きで、あんなに美しくって悲しい登場人物はいないんじゃないかって思う。
かず子も、初めて読んだ時には上原への思いの強さが怖くて仕方なかったんだけど…
今読んでみると、それはそれで一つの生き方かなあ〜って思うねえ。
上原のダメ男っぷりは昔も今も好きだ。

「昼休みに読む本じゃないよなあ〜」と思いながらも延々読んでしまったのは、結局この本全体を覆う暗さが好きなんだろうな。

posted by 瀬田 at 23:57| 福島 | Comment(0) | TrackBack(0) | た行の作者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲女性作家シリーズ22(中沢けい他)

2005年3月27日購入。角川書店。

多和田葉子の「かかとを失くして」読みたさに購入した一冊。
「かかとを失くして」は多和田葉子の「三人関係」という単行本に収録されているのだが、品切れで手に入らないんだよね〜。

この「女性作家シリーズ」には、中沢けい・多和田葉子・荻野アンナ・小川洋子の各作品が収録。
小川洋子も入ってるし、ちょっとお得感があったので買ってみました。
多和田葉子は「犬婿入り」と「かかとを失くして」が収録。
両作品とも読んだことはあるんだけど、やっぱ「かかとを失くして」は好きですねえ。
ものすごくひらたく言うと、異国の地でイカと偽装結婚をする話です。シュールですよ(笑)
作品にはっきり描かれてはいないけど、たぶんこの主人公の女性は子どもが生めなくて、それを苦にしているからイカと書類結婚することを選んでいるんじゃないのかなと思う。
隠喩が多いので他にも色々な取りかたが出来るかもしれません。
句読点も改行も少なく読みずらいのだけど、じっくり読むと面白い。

結局まだ多和田作品しか読んでいないのだけど、他の作家の作品も追々読んでみたい。

posted by 瀬田 at 23:50| 福島 | Comment(0) | TrackBack(0) | な行の作者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月29日

●毎日かあさん カニ母編(西原理恵子)

2005年1月24日購入。 毎日新聞社。

これは面白かった!
毎日新聞に週一で連載されている漫画なんだけど、毎日新聞のサイトにも隔週で転載されています。
このサイトに転載されている方を偶然見てから、すっかり大好きになってしまって。
漫画って滅多に買わないんだけど、つい買ってしまったよ。
絵本風で装丁もかわいいです。

漫画のネタは西原家の日常なんだけど、家族漫画なのに途中で離婚しちゃったり(笑)、幼稚園生の息子が超バカだったり、てんやわんやな日常がてんこもり。
ややもすれば暗くなってしまうようなことも、何故か笑って読めてしまう。
西原作品は初めて手にとりましたけど、とても暖かい漫画を描く人ですねえ。
私が気に入ってるのは息子ネタ。
ネタなんじゃないかっていうくらい頭の悪い子なんだけど(爆)、すごく可愛いんだよねえ。愛すべきバカだよ、あの子。
第二子+女の子のコンボで天性の要領の良さをわきまえている娘も可愛い。上手いねえ、末娘は。

ニヤニヤしたり、じわっと泣きそうになってしまったり、穏やかな感情の起伏を楽しみつつ読んでいる。

posted by 瀬田 at 22:16| 福島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | さ行の作者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

台所太平記(谷崎潤一郎)

2004年11月26日購入。中公文庫。

そういえば持ってなかったなーと思って軽い気持ちで買う。

posted by 瀬田 at 22:12| 福島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 買った本メモ・新刊情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月09日

▲文豪ナビ 夏目漱石(新潮文庫編)

2004年11月4日購入。新潮文庫。

編者は新潮文庫ですが、漱石についての本なので「な行の作者」に分類します。
本書について書く前に、この「文豪ナビシリーズ」についてちょっと。

史上最強の名作ガイドシリーズということで、2004年10月〜12月にかけて、全7巻が刊行されました。
全7巻の内訳は夏目漱石、芥川龍之介、三島由紀夫、川端康成、太宰治、谷崎潤一郎、山本周五郎。
小説読むのは好きだけど、名作系は古くてちょっとね…というあなたに。だそうです。

これは馴染みの薄い作家のナビを読んだ方が面白いかもしれんと思い、漱石先生を購入。
私は「こころ」「坊っちゃん」程度しか読んだことないので。
しかし、この表紙の
先生ったら、超弩級のロマンティストなのね。
ってキャッチコピーはダサすぎやしないか。
本書収録の三浦しをんのエッセイに同じような文が出ているので、そこから取ったんだろうけど(エッセイ自体は面白い)。
漱石はまだいい方で、太宰なんかナイフを持つまえにダザイを読め!!だもんね。買うの恥ずかしいよ。
この表紙で文豪にあまり興味のない人が手に取ってくれるのかは謎だ。
で、ナビの内容はこんな感じ。

<こんなとき読みたい漱石>
巻頭カラー。写真つき。
シチュエーション別に「こころ」「三四郎」「夢十夜」を紹介。

<超早わかり!漱石作品ナビ>
代表作をライトな文章でちょっとずつ紹介。

<10分で読む「要約」夏目漱石>
「あらすじ」じゃなしに「要約」。
「吾輩は猫である」「坊っちゃん」「草枕」の各作品を抜粋しながらストーリーを頭に入れようというもの。

<声に出して読みたい夏目漱石>
齋藤孝氏による「声に出して読みたい」漱石作品の抜粋と解説。

<私、漱石のファンです>
三浦しをん氏と北村薫氏によるエッセイ。

<評伝 夏目漱石>
島内景二氏による評伝。 

<漱石文学散歩 早稲田から神楽坂へ>
漱石ゆかりの土地というか通りを歩く。

…と、なんとなーく漱石をさらうことが出来ます。
私がいいなと思ったのは「あらすじ」ならぬ「要約」の<10分で読む!漱石>のコーナー。
10分程度で読み切れる範囲で作品を抜粋しながら、ストーリーを理解させるってすごいよ。
漱石の文章も少し味わえるし、あらすじよりずっと印象深い。
気が向いた時に好きな箇所を拾い読み出来るし、気軽に読める本。

posted by 瀬田 at 17:26| 福島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | な行の作者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月22日

▲離婚まで(藤本ひとみ)

2004年11月16日購入。集英社文庫。

小・中学生時代に藤本ひとみのコバルト文庫の作品を読みまくっていた。
多分全作品持ってた。そして八割は今も捨てられずにとってある(恥
コバルト時代の彼女は多作で、次から次へと新しいシリーズを生み出しては出版していた。
そして、そのほとんどを完結させることなくコバルトから消え、一般書の世界へと旅立っていった…。
こんないい加減な人の作品に小遣いのほとんどをつぎ込んでいたのかと思うと、なんか泣ける。

そして久々に買ってみたひとみちゃんの一般書。
これは彼女の自伝的小説。当人は離婚はなさってないようですが。
地方公務員として働く傍ら、夫と二人の娘の世話に追われる主婦・可奈子の日常の物語。
これも40ページくらいで挫折。
仕事と家事に追われ、いくつもの不満を抱える可奈子の一人称で進められるため、その鬱屈とした雰囲気に耐えられませんでした。
もう少し読み進めれば何か光が見えてくるんだろうとは思うんだが、無理だったよ…(つД`)
気分が明るい時に読まないと駄目ですね、これは。

そもそもこれを買ったのは、彼女のコバルト時代の「うわさ」という作品にテイストが似ていると聞いたから。
「うわさ」はいつものコバルトとは全く違う作風で、面白かったんだよなあ。
「うわさ」も暗い話だったけど、あれは短編だからさっと最後までいけたのかな。

っていうかコバルトの続き書けよ!ヽ(`Д´)ノ

posted by 瀬田 at 15:56| 福島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | は行の作者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲生きづらい<私>たち 心に穴があいている(香山リカ)

2004年10月27日購入。講談社現代新書。

現代新書がリニューアルして、ご覧のようなかわいらしい装丁に変身。
色とりどりの本が平積みされていて、とてもかわいかったのでつい買ってしまった。
でも数ある本の中から何故これを買ったのか、よくわからない(爆)
買う時にも妙に恥ずかしくて、上に週刊ベースボールを重ねてレジに出した。エロ本かよ。
買う時からそんなだったので、結局30ページほどしか読まずに放置。
読了することはなさそうだ…

posted by 瀬田 at 15:54| 福島 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | か行の作者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

●パーク・ライフ(吉田修一)

2004年10月12日購入。文春文庫。
第127回芥川賞受賞作。

吉田修一は「パレード」が非常に面白かったので、この「パーク・ライフ」も文庫化されてからすぐに購入した。
「パレード」のようなエンタメ系の面白さを求めていたので、正直期待外れでした(爆
何てことない日常を延々切り取るだけ。
何も起こらないことを楽しむ物語なのかなあ〜。
この、いかにも都会の男女って感じのオサレ感についていけん。
しかし、読んでいるとやたらとカフェモカが飲みたくなる。

もう一つ「flowers」という作品も収録されています。
こっちは肉体労働者たちの日常。
大きなドラマを期待せずに、この微妙にどんよりした雰囲気を楽しむと面白く読める。
表題作よりは起伏があっていいと思う。こっちの方が好きだな。

posted by 瀬田 at 15:47| 福島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | や行の作者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。